スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレコム製Bluetoothマウス M-NV1BRBK

今回はBluetoothマウスの紹介です。最近、身の回りのPCの大部分がBluetooth化され、1つのマウスで操作できると便利だなと思っておりました。キーボードについては、友人がBluetoothの切替えができるエレコムの9noveシリーズのキーボードを使っており、同じような物を購入しようと思っていました。そう思っていたところに、ノジマの処分品コーナーに、エレコムの9noveシリーズのBluetooth切替えできるマウスM-NV1BRBKが3,092円で売られていて、少々高いと思いながらも購入しました。

エレコム製BluetoothマウスM-NV1BRBK

4つ目のBluetoothマウスになります。9つの接続先をマウスの特定のホイール操作とボタン操作で切り替えることができます。質感は悪くなく、上面は光沢処理で、横の手が触れる部分はラバー処理が施されていて手触りが良いです。デザイン的にも悪くないと思うのですが、9noveはシリーズとしての統一感がないですね。

前に使っていたBluetoothマウスは毎日電源ON/OFFしていたら、1年くらいで電源スイッチの接触が悪くなってしまいました。今回のは耐久性もありそうです。
スポンサーサイト

スライド式折りたたみBluetoothキーボード(エレコム製TK-FBP049EWH)

携帯用のスライド式折りたたみBluetoothキーボードを購入しました。エレコムのTK-FBP049EWHです。じゃんぱら秋葉原5号店で、3,480円(特価品)でした。

本体と付属品(ケース)。

TK-FBP049EWH 内容物

スライド途中。

TK-FBP049EWH スライド途中

スライド後。

TK-FBP049EWH スライド完了

こんな風に使います。

TK-FBP049EWH 使い方

WinPad A1 mini、iPad3、GALAXY Note 3のどれともBluetooth接続して、文字入力できることを確認。問題ないです。

キーピッチは17.5mmあるので、タッチタイプはできます。気になるのは以下の点です。

・ESCキーがFnキーに割当たっているので、その点打ちづらいです。
・リターンキーが1段なので打ちそこなうことがあります。
・スペースキーの下にスライドレールがあり、そこに親指が当たります。

ソフトキーボードやフリック入力より明らかに速く打てるので、携帯用キーボードとしては良いのではないかと思います。安く買えましたし。

ただし、ノートPCのキーボードよりは劣ります。そうすると、おのずと1kgクラスのノートPCとのすみ分けが分かったように思います。つまり、折りたたみキーボードは常に携帯しておき、非常時の長文入力に備えます。状況によりWinPad A1 mini、iPad3、GALAXY Note 3と組み合わせて使います。ノートPCは出先で文章入力をする予定がはっきりしている場合に携帯します。文章入力の能率はノートPCの方が高いですので。

WinPad A1 mini 外部ディスプレイ接続、TouchMousePointer、Windowsエクスペリエンスインデックス

WinPad A1 miniの解像度は1280x800。Mini HDMIで外部ディスプレイにつなぐと、外部ディスプレイはどれくらいの解像度になるでしょうか。デジカメ接続用の手持ちのHDMIケーブルとHDMI-Mini HDMI変換コネクタを使って、最大1980x1080のテレビにつなげてみます。

ディスプレイ設定画面です。

WinPad A1 mini ディスプレイ設定画面

1980x1080で表示が可能でした。

ただし、表示が安定しない時があります。レグザでは最初は映ったのですが、しばらくして映らなくなってしまいました。三菱のディスプレイではなんとか映るのですが、たまに一瞬真っ黒になります。デジカメをHDMIで表示させる際にもテレビにより映らない時があって、HDMIは相性などがあるのでしょうか。あるいは安物のHDMIケーブルを使っているからでしょうか。

当初、狙っていた8インチWindowsタブレットはASUS製のVivoTab Note 8でした。8インチWindowsタブレットはデスクトップ画面でのポインタ操作がやりづらいと聞いていたので、ワコム製のスタイラスペンが付属しているVivoTab Note 8はちょうど良いと思ったのです。

ですが、TouchMousePointerの存在を知って、スタイラスペンにこだわらなくていいなと思い直し、安さ重視でWinPad A1 miniを購入しました。早速TouchMousePointerをインストールします。

WinPad A1 mini TouchMousePointer

これでデスクトップ画面での細かい操作も大丈夫です。タスクバーのアイコンをタッチするだけで右側の黒いタッチパッドを簡単に出し入れできるので、普段はタッチパッドなしの大きな画面で使い、込み入った画面を操作する時だけタッチパッドを使うこともできます。ただ、安物液晶保護シートのせいか、少し滑らかに動かせない時があります。

Windowsエクスペリエンス インデックスを計測してみます。Windows 8.1なので、WIN SCORE SHAREを使いました。

WinPad A1 mini WIN SCORE SHARE

最近のAtomは性能がいいですね。貧弱なうちのコンピューター環境では、これでも良い方だったりします。。

WinPad A1 miniの106キーボード認識と液晶保護シート

またまたWinPad A1 miniの話です。

前回、中国語Windowsを日本語化して日本語を打てるようになりましたが、記号はキーボードの刻印とずれています。106キーボードが101キーボードと認識されているようです。

対処法はマイクロソフトのHPにありました。

http://support.microsoft.com/kb/416037/ja

以下の2種類の方法が提示されています。

方法 1 : [キーボード デバイス] のドライバー ソフトウェアを更新する
方法 2 : キーボード レイアウトを日本語キーボードの設定に修正する

方法 1は標準PS/2キーボードのドライバを更新する方法で、Bluetoothキーボードには効果がなさそうです。ですので、方法 2に従って以下のようにレジストリを変更し対処しました。

レジストリエディタを起動し、以下のレジストリキーを開きます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters

レジストリエントリ[LayerDriver JPN]を値「kbd106.dll」へ修正します。

WinPad A1 mini レジストリLayerDriver JPN修正

WinPad A1 mini レジストリ値regkbd106dll

レジストリエントリ[OverrideKeyboardIdentifier]を値「PCAT_106KEY」へ修正します。

WinPad A1 mini レジストリOverrideKeyboardIdentifier修正

WinPad A1 mini レジストリ値PCAT_106KEY

レジストリエントリ[OverrideKeyboardSubtype]を値「2」へ修正します。

WinPad A1 mini レジストリOverrideKeyboardSubtype修正

WinPad A1 mini レジストリ値2

レジストリエントリ[OverrideKeyboardType]を値「7」へ修正します。(私の環境では最初から「7」になっていました)

WinPad A1 mini レジストリOverrideKeyboardType修正

WinPad A1 mini レジストリ値7

これで日本語入力もばっちりです。

このWinPad A1 miniは時々持ち歩く予定です。ですが、軽さとかさばらないことを重視してケースには入れず、裸でカバンに入れるつもりです。安物なので多少傷がついてもいいかなあと。これがリセールをまったく期待できない中華タブレットの逆にいいところです。

ただし、画面に傷がついてしまうと修復が難しいので、画面だけは保護します。

液晶保護シートにお金をかけると本末転倒なので、ダイソーのフリーサイズ(108円)を切って使うことにしました。

WinPad A1 mini ダイソー製フリーサイズ液晶保護シート

このシートは方眼メモリが付いているので、まっすぐ切りやすいです。サイズを合わせて長方形にカッターで切り取り、四隅の角を画面に合わせてはさみで丸く切り取ります。

不器用な私でもなんとかできました!

WinPad A1 mini ダイソー製液晶保護シート貼り付け

タッチ操作ですが、やはり安物、あまり滑りがよくありません。とりあえずは我慢して使ってみます。

WinPad A1 miniの日本語化

引き続いて、WinPad A1 miniの日本語化です。

Windows 8.1は簡単に言語を変えることができるということで、まずは日本語化を行います。

コントロールパネルから言語を追加していきます。

WinPad A1 mini コントロールパネル言語の追加

中国語しかないところに言語を追加します。

WinPad A1 mini 言語の追加

日本語を選択します。

WinPad A1 mini 日本語選択

日本語の優先度を最上位にします。

WinPad A1 mini 日本語を上へ

日本語の右側の選択し、言語パックをダウンロードしていきます。

WinPad A1 mini オプション選択

言語パックをダウンロードします。

WinPad A1 mini 日本語言語パックのダウンロード

途中でプログレスバーが止まったりして心配になりましたが、ダウンロードできました。

07_downloadjapanese2.jpg

WinPad A1 mini 言語パックダウンロード完了

これで言語は日本語になりました。
今度はコントロールパネルから地域を日本に変更します。

WinPad A1 mini コントロールパネル地域の変更

おもな使用場所として日本を選択します。

WinPad A1 mini 使用場所を日本へ

上記画面の「管理」タブの下の方から、Unicode対応でないプログラムの言語を変更します。(画面をキャプチャし忘れました)

日本語に変更します。

WinPad A1 mini Unicode対応ではないプログラムの言語を日本語へ

設定を反映させると、リブートを促してきますので、リブートします。

WinPad A1 mini 言語変更リブート

立ち上がってくると、日本語になっているのですが、時刻がまだ中国になっているので、PC設定からタイムゾーンを日本に変更します。

WinPad A1 mini タイムゾーンを日本へ

日本語になりました。

WinPad A1 mini 日本語スタート画面


ログイン画面やスタート画面のアプリ名などに一部中国語が残っていますが、十分使えるようになりました。

(2014/9/15追記)
ストアアプリについては、一旦アンインストールして再インストールすると日本語でインストールされます。

Voyo WinPad A1 mini 購入!

中華タブレットを購入しました!
中華タブレットはこれで2つ目です。前回買ったAndroidタブレットN71はそれなりに使いましたが、作りが悪くて解像度が低く、使わなくなってしまいました。しかし、それにもめげず購入です。今回は流行の? 8インチWindowsタブレットです。

製品はVoyo製WinPad A1 miniで、東映無線ラジオデパート店の通販で買いました。19,980円+送料490円です。実は今、大人気で、入荷しても一日もせずに売切れてしまいます。

スペックは以下のとおりです。

OS: Windows 8.1 with Bing 32bit
CPU: Atom Z3735D (クアッドコア、Bay Trail-T)
メモリ: 2GB
ストレージ: 32GB(eMMC)
ディスプレイ: 8インチIPSディスプレイ
解像度: 1,280×800ドット
無線LAN: IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth: あり(4.0)
インターフェース: Mini HDMI、Micro USB、microSDカードスロット
カメラ: 前面200万画素、背面200万画素
センサー: 加速度センサー
サイズ: 205×125×8.9mm
重量: 355g
MS Office: なし

購入のポイントは、2万円以下、HDMI端子です。

8インチWindowsタブレットいえば、Miix2 8が一番売れています。それと比較してみます。

項目WinPad A1 miniMiix 2 8 (32GB)Miix 2 8 (64GB)
OSWindows 8.1 with Bing 32bitWindows 8.1 (32bit)
CPUAtom Z3735D(1.33GHz、バースト時1.83GHz)Atom Z3740(1.33GHz、バースト時1.86GHz)
CPU SDP2.2W2W
メモリ2GB(DDR3L)2GB(LPDDR3)
メモリチャネル数12
最大メモリ帯域幅10.6 GB/s17.1 GB/s
グラフィックスIntel HD Graphics
グラフィックス周波数311MHz、バースト時646MHz311MHz、バースト時667MHz
ストレージ32GB(eMMC)64GB(eMMC)
ディスプレイ8インチIPSディスプレイ(10点マルチタッチ)
解像度1,280×800ドット
インターフェースMini HDMI、Micro USB、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック、microSDカードスロットMicro USB、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック、microSDカードスロット
無線LANIEEE 802.11 b/g/nIEEE 802.11 a/b/g/n
Bluetooth4.0
カメラ前面200万画素、背面200万画素前面200万画素、背面500万画素
センサー加速度センサー加速度センサー、光センサー、コンパス、ジャイロセンサー、GPS
サイズ205x125x8.9mm215.6x131.6x8.35mm
重量355g350g
MS OfficeなしOffice Personal 2013Office Home and Business 2013


CPUやメモリが少々劣っていますが、その他はそれほど差異はないのでは。Officeが必要なければ十分使えそうです。

いよいよ届きました!

外箱。中国語です。

WinPad A1 mini 外箱

内容物。ACアダプタとOTGケーブルが付属しています。マニュアルは中国語オンリーです。

WinPad A1 mini 内容物

本体表側。

WinPad A1 mini 前面

本体裏側。黄色です。高橋啓介のFDに触発されたかも(最近、頭文字D 4th stage、見ています)。なんとなくiPhone 5cみたいですね。

WinPad A1 mini 背面

インターフェース類です。左から、電源ボタン、インジケーター、イヤホンジャック、Micro USB、Mini HDMI、micro SDカードスロット、マイク、電源ケーブルです。

WinPad A1 mini インターフェース

ボタン類です。左から、ボリューム、Windowsキーです。

WinPad A1 mini ボタン

この2辺以外にインターフェイスやボタンはありません。

しばらく充電した後、立ち上げます。中国語Windowsです。楽しくなってきました。

WinPad A1 mini 中国語Windows

次回はこの続きで、WinPad A1 miniの日本語への変更です。

(2014年8月11日修正 表のメモリチャネル数が誤っていたので修正)
(2014年9月15日修正 ヘッドフォン・ジャックがマイクロフォンも兼ねていることを確認できたので修正)
プロフィール

Author:ヒロカズ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。